排卵日を利用して行う産み分け法

妊娠する為にはタイミングと妊娠と持続出来る為の体質が必要になってきます。産み分け法として排卵日を利用して行う方法があります。

 

それは女の子を産む為には排卵日前に夫婦生活をもつという事で、男の子が欲しい時はは排卵日を目指して行うのです。元々女の子の遺伝子をもった精子は二日から一週間ほど子宮内で生きていられるのですが、男の子の遺伝子をもった精子は一日しか持たないのです。その為に排卵日を利用して夫婦生活を持つ事が大切なのです。

 

しかし、これは100パーセント成功するわけではないので難しいところなのですが、産み分け法として多く実施しやすい方法とも言えるでしょう。そして病院で排卵するタイミングを確認してもらうことで確率も上がってくるのです。男の子の場合は排卵日一日という事でタイミングが慎重とも言えるではないでしょうか。その前に妊娠出来る体なのかきちんと調べておく事も大切なのです。

 

中には月経があってるからと言って排卵してるとは限らないのです。その為にきちんと定期的に排卵しているかを調べてもらう事も必要なのです。低体温の人は妊娠しにくいと言われています。妊娠する為には体はなるべく冷やさない、規則正しい生活をする事、食べ物などにも気を付けなくてはいけません。中でもこの規則正しい生活は大きく影響します。

 

夜更かしをしたり、仕事が忙しくて残業ばかりだとホルモンバランスが崩れる為に月経がきちんと定期的にこなかったりする場合があります。妊娠する為にはきちんと排卵してる事が大前提なのです。精神的なストレスを溜めない、妊活をしてる間はダイエットなどは行いようにしましょう。激しい運動や厳しい食事制限は精神的にも負担になる場合があります。そして痩せ過ぎたりし、体脂肪が15パーセント以下になると月経異常をきたす事があるので気を付けなくてはいけません。出来るだけバランスの取れた食事、出来れば体を冷やさないように野菜でもサラダより温野菜など体を温めるように工夫すると良いでしょう。