春菊は葉物野菜の中でも多くのミネラル分を含む優秀な食べ物

春菊はその独特の匂いから、苦手な方も多いかもしれません。しかし春菊は葉物野菜の中でも多くのミネラル分を含む優秀な食べ物です。
春菊は加熱するとその栄養分やミネラル分は減少します。ここではいろいろな春菊の食べ方とそのミネラル分の働きについて説明します。

 

春菊をおひたしにして食べると、たくさんのビタミンKを取ることができます。その他にも葉酸、ビタミンA、カリウムが多く含まれます。

 

ビタミンKは骨を丈夫にしてくれる働きがあり、葉酸は貧血予防、細胞の形成を助ける働きがあります。ビタミンAは皮膚や粘膜の保持、
視覚を正常にする働きがあります。そしてカリウムはナトリウムを体内に排出させる働きで、高血圧防止に役立ちます。

 

春菊の天ぷらにして食べる場合もビタミンKを多く含みます。また油は春菊に含まれるベータカロチンと相性がよく、天ぷらにすることで
ベータカロチンを効率よく取ることができます。天ぷらの場合、その他のミネラル分は熱を加えたことにより幾分減ってしまいます。

 

春菊のサラダはオリーブオイルやゴマ油を使うことにより、ベータカロチンをより多く摂取できます。
また皮膚や粘膜の機能を正常に保つビタミンB2や、コラーゲンの合成を助けシミやしわを防いでくれるビタミンCは、
水溶性ビタミンで水に溶けやすいことから、春菊をサラダで食べることで摂取することができます。
春菊の胡麻和えは、脂質を多く含む胡麻を使うことから高血圧の方にもおすすめです。

 

春菊に含まれるカリウムがナトリウムの排出を促して血圧の上昇を抑える働きがあることと、
胡麻に含まれるゴマペプチドが血圧を上昇させる酵素の働きを阻害することで血圧を下げる相乗効果があります。

 

その他、お味噌汁の具に春菊を使うこともおすすめです。春菊の苦みと味噌の甘みが、お互いの味を相殺しあってお味噌汁の風味がよくなります。

 

また春菊に含まれるカリウムが、味噌の塩分をナトリウムを体外に排出する作用で減らしてくれます。そして春菊の不溶性食物繊維の消化を味噌に含まれる大豆ペプチドが助けます。

 

このほかにも鍋の材料にすることもありますが、加熱させすぎないことで春菊の持つミネラル分が減少することを防ぎます。